20091003

『フェスティバルあいミニイベント』 ご案内

助産師・保健師が語る「今どきの若者の性」

~思春期の子どもにぜひ伝えたいこと~

思春期。おとなへの憧憬とともに、おとなや社会を批判する心の成長が始まります。その相手はもっとも身近な親であり、教師です。悩みつつ反抗する子どもに、人生の先輩して、一人一人の人間としてどう向き合うのか?おとなにつきられた課題です。子どもをどうするかではなく、おとながどう向き合うのかが思期を通過するためには必要です。「思春期の性って?」「思春期の悩みとトラブル」「デートDVに見るような愛という名の支配についても考えてみたいと思います。講師の赤松さんが、男と女の生き方が、すでに思春期で決まってゆく大切さを語ります。

みなさん、ぜひ聞きに来てください。

  09年1213()

午後1時30分から 3時30分

ところ ふれあい健康館 3階 研修室

徳島市沖浜東2丁目16番地 088-657-0190

講 師 赤松 彰子(あかまつあきこ)さん

講師プロフィール
1939年生まれ。神戸中央市民病院看護婦、三木市役所保健師、開業産婦人科医院相談室を経て、女性や子どもを支援するボランティア活動のかたわら、現在は、思春期保険相談員として性教育。女性センター相談員として男女共同参画、リプロダクツヘルスライツ。非常勤講師として母性・小児の保険論などを講じている。
著書に「性と生 素敵にコミュニケーション」「更年期からの脱出」「家族で語る性教育(共著)」(いずれもかもがわ出版ブックレット)


お問い合わせ・お申し込み

CAPとくしま(日下) TEL/FAX 088-652-4030

E-mail: momochi@alpha.ocn.ne.jp

主催/「子どもの性」を学ぶ会・自己表現学習会・CAPとくしま

0 件のコメント: